FC2ブログ

7998.佐渡汽船カーフェリーの軌跡・最終回~佐渡汽船を去った船達と佐渡汽船の未来とは

連載記事・佐渡汽船カーフェリーの軌跡です。前回の「第9回~高速カーフェリーあかねに見る直江津航路の高速化 」に続き、今回は「最終回~佐渡汽船を去った船達と佐渡汽船の未来とは」です。

佐渡汽船では多くの船が他社に売却されていきました。特に海外への売却が多いのも特徴的です。

それではどの船がどこへ売却されたかを見てみましょう。

▼さど丸:インドネシア。現役?
2019032423082855d.jpeg

▼おおさど丸(初代):フィリピン。1988年に沈没?
20190809111304164.jpeg

▼えっさ丸:フィリピン。現役?
20190725220957a21.jpeg
この辺りの船は小学生時代に大変お世話になったので、これが事実としたら悲しいです・・。
▼こがね丸(2代目):フィリピン。解体?
20190725221036b80.jpeg

▼おとめ丸:フィリピン。2013年にセブ島の別会社に売却後解体?
20190725220957724.jpeg

▼こさど丸:鹿児島新屋敷商事→フィリピン。現役。
2019072522120229b.jpeg

▼えっさ丸(2代目):鹿児島新屋敷商事→インドネシア。現役。
201909130853481b2.jpeg
おおさど丸は一旦中国で改造工事を受けてからインドネシアに行ったらしいです。
▼おおさど丸(2代目):インドネシア。現役。
201907232208045ed.jpeg
佐渡汽船で一番遠くに旅立った船です。現在は佐渡汽船時代とはまた違った風貌に改造されていました。
▼こがね丸(3代目):ギリシャ。現役。
20190809143836a8c.jpeg
こちらは去年の秋なので、まだ記憶に新しいです。寺泊赤泊航路廃止に伴う海外売却となりました。
▼高速船・あいびす:フィリピン。現役。
201905282130516e2.jpeg
このジェットフォイルは鹿児島でこさど丸と再会してるんですよね。
▼ジェットフォイル・みかど:鹿児島新屋敷商事。現役。
20190602082615bac.jpeg

ジェットフォイル・ファルコン:九州郵船。現役。

こちらで調べられた範囲ではこれが限界です。全体的に東南アジア諸国に移った船が多いです。特にフィリピンに多いから、フィリピンで佐渡汽船同窓会も出来たりするかな?(無理)

佐渡汽船に限った話ではないですが、日本で使われていた船の海外譲渡はかなり多く、かの有名な青函連絡船もその一例です。

ここから下にある写真は佐渡汽船から鹿児島新屋敷商事に売却された後のがこさど丸の写真です。

▼鹿児島時代のこさど丸に乗りに行った。
202001051345476c8.jpeg
20200105134549d5b.jpeg
これはこさど丸のエントランスです。
▼よく見ると佐渡おけさを踊る人のイラストが。
2020010513470945b.jpeg
▼明らかに佐渡汽船時代とは違う使われ方。
20200105134709eb1.jpeg
これ、鹿児島県で撮影した写真なんですよ。
▼佐渡汽船時代の毛布が鹿児島にも。
2020010513470960d.jpeg
この船は僅か数年で鹿児島県を去り、フィリピンに売却されています。

佐渡汽船の船舶の紹介は以上になります。佐渡汽船はこれからどんな船に変わっていくのでしょうか?ときわ丸のような昔ながらのカーフェリー路線か?もしくはあかねのような高速カーフェリー路線か?

例えば今から10年後のジェットフォイルもどうなるのか?現有のジェットフォイルは3隻とも年数が一回り以上なので、そろそろどれかが更新時期になるような予感がします。次はどんな高速船が来るのでしょうか?ひょっとしたら、あかねのような高速カーフェリーでカーフェリーとジェットフォイルの統合も?まだまだ興味は尽きないです。

佐渡海峡は地形からして海底トンネルや橋の計画が無いのと航空路が少ないので、佐渡汽船が廃止になる事は多分無いと思います。仮に佐渡汽船が無くなると佐渡島のライフラインが断たれるに等しいので、佐渡汽船の存続そして更なる発展を願わずにはいられません。

以上をもちまして、佐渡汽船の連載記事は終了となります。未熟な内容にも関わらず、最後までお読み頂きまして本当にありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

連載お疲れさまでした

第1回から読ませていただきました。佐渡汽船の歴史や現状、バラエティ豊かな船種など、写真付きで楽しみながら理解できました。

近年は合理化で厳しい状況も垣間見えるようですが、佐渡への重要な交通手段としての役割を今後も発揮していくことでしょう。

私自身は佐渡へ行ったことはないのですが、いずれ佐渡汽船の船に乗って行ってみたいと思います。佐渡も観光名所が多いですし、往復でカーフェリーとジェットフォイルの乗り比べをするのもおもしろそうですし…。

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

N-Water様へ

コメントありがとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
全シリーズお読み頂いたようで、大変光栄です。佐渡汽船は短い航路の割には船の種類が多いのも特徴的ですよね。厳しい状況は相変わらず続いているようですが、佐渡島民の生活を支えている船ですし、何とか乗り切ってもらいたいものです。
佐渡島は私の友人も行った事が無い人が多く、他の旅行先と比べるとどうにも地味な印象ですが、本土には無い素晴らしい場所が沢山あるので、是非行ってみて下さい。ただバスの本数が少ないので、レンタカーか定期観光バスを使った方が楽そうです。行き直江津からで帰り両津なら、あかねとジェットフォイルの乗り比べもできます。
プロフィール

diamond next

Author:diamond next
スカイツリーと乗り物が好きなアラフィフに片足突っ込んだオッサンのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR