FC2ブログ

7940. 佐渡汽船カーフェリーの軌跡・第7回~越佐海峡のエンターテイナー!?おけさ丸就航

連載記事・佐渡汽船カーフェリーの軌跡です。前回の「第6回~佐渡汽船に大ナタ!直江津小木航路縮小に船舶小型化へ」に続き、今回は「佐渡汽船カーフェリーの軌跡・第7回~越佐海峡のエンターテイナー!?おけさ丸就航」です。

平成4年に新潟両津航路に新造船が投入されました。その名はおけさ丸。初代ジェットフォイルの愛称を襲名しています。
▼おけさ丸
20190529214827e27.jpeg

総トン数5862tで定員1705名と佐渡汽船最大の船舶となります。最新鋭のときわ丸は総トン数5300tで定員1500名と小さめですが、これは直江津小木航路への転用も考慮したサイズになっております。

つまりおけさ丸は直江津小木航路への転用が出来ないサイズなので、新潟両津航路専属となります。新潟両津航路へはこさど丸を直江津小木航路に追いやる形で投入され、おおさど丸とコンビで新潟両津航路を回すことになりました。

おけさ丸の船内は上からスイートルーム・特等・1等椅子席・1等絨毯席・特別2等・2等です。特別2等は2等の指定席版でしたが、現在は廃止となっております。
▼おけさ丸の客室案内からも特別2等は削除されていた。
201905252129392a7.jpeg
特等船室は完全個室でビジネスホテルのツインルーム級の設備なので、2時間半の船旅にはもったいないぐらいの豪華さです。
▼テラスがある区画に特等船室。
20190529085503dc8.jpeg
椅子席も絨毯の上にあるので、靴を脱いで入ります。
▼おけさ丸の1等椅子席。
20190326000215c79.jpeg

おけさ丸には佐渡汽船初となるイベントプラザも登場しました。船体後部にステージと客席が設けられています。こちらでは年中何かしらのイベントが開催されており、そのイベントを運営する佐渡汽船の子会社のサイトもある程の力の入れようです。佐渡名物の佐渡おけさや鬼太鼓を披露したり、歌手が出演したり、縁日が開かれたりなど、船旅を退屈させない工夫が凝らされています。
▼イベントプラザはこの位置にある。
20190925205441e67.jpeg
このイベントプラザはおけさ丸だけでなく、ときわ丸にもありますので、新潟両津航路の全ての便でイベントが開催できる事になります。
▼イベントプラザ(ときわ丸の写真で代用)
20190925205439edb.jpeg
イベントプラザは誰でも入れる場所にありますので、一番安い2等船室券でも行く事が出来ます。

おけさ丸も早いもので今年で就航27年目となり、今や佐渡汽船最古の現役船舶となりました。次に新造船が入ればほぼ間違いなく佐渡汽船を去ることになると思われます。サイズが大きいので、直江津小木航路への転用が出来ないので、おけさ丸もおおさど丸同様、新潟両津航路だけで佐渡汽船での生涯を終えそうな予感がします。

▼全長134mと、ときわ丸の125mよりも長い。
20190529085501f68.jpeg
おけさ丸はオフシーズンになると、広島の呉にある神田造船所に回送され、検査を受けます。神田造船所はおけさ丸を建造したメーカーです。その際は日本海を山口県沖までひたすら航行し、関門海峡に架かる関門橋の下を潜り抜けて瀬戸内海に入りますので、福岡県と山口県で佐渡汽船の船の写真が撮影出来るかなりレアなチャンスが巡って来ます。

おけさ丸はまだ引退は発表されていないものの、如何せん古い船なので、いつ引退になってもおかしくないぐらいの船になっていると思います。まだ佐渡汽船での活躍は見られそうです。

次回は「第8回~おおさど丸引退!丸窓新型カーフェリーときわ丸就航」をお送りします。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

diamond next

Author:diamond next
スカイツリーと乗り物が好きなアラフィフに片足突っ込んだオッサンのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR