FC2ブログ

7828.平成時代に登場した東武車両

間も無く終わろうとしている平成の時代。そこで弊ブログでは、東武車両の写真で平成時代を振り返りたいと思います。

まずは特急車両編です。

▼01.100系:平成2年登場

誰が何と言おうが、平成の東武を象徴する車両と言えば100系スペーシアではないでしょうか?模型の話になってしまいますが、KATOで「平成を駆け抜けた車両シリーズ」なる商品展開があるらしいですが、それに是非東武スペーシアを!と思います。湘南新宿ラインを集めている人も買いそうですし!

200系は1720系DRCの足回りを流用して登場した形式ですが、最初見た時は新車と見紛う程でした。
▼02.200系:平成2年登場
20190430131954b6c.jpeg
200系のVVVFインバータ駆動版です。高速走行時では30000系に似たジェット機のようなサウンドが絶妙でした。
▼03.250系:平成10年登場
20190430141006a16.jpeg
350系だけを残していち早く引退してしまいましたね。晩年は夜行列車にも使われるようになりました。
▼04.300系:平成3年登場
201904301319579a0.jpeg
一部の1800系が伊勢崎線運用を離れ、スペーシアに近いイメージのカラーリングで生まれ変わりました。6050系快速急行からの置き換えで、当時は白い急行と呼ばれてましたね。
▼05.350系:平成3年登場
20190430131959ba3.jpeg
東武の特急車両の登場間隔はかなり開いています。それだけ既存の特急車両が安定していたと私は受け取ります。平成最後の特急車両は快速を廃止に追いやり、野田線の特急を実現した車両でもあります。
▼06.500系:平成28年登場
20190430131956aa6.jpeg
東京スカイツリーが開業すると、こんな電車も登場しました。最初は日光鬼怒川界隈で観光電車として活用しようかと考えている間に先にスカイツリーが完成してしまった結果とも?
▼07.634型:平成24年登場
20190430132001171.jpeg
ここからは通勤車両編です。1800系が通勤車両化されるなど誰が想像したでしょうか?現在の800・850系登場までの繋ぎに過ぎなかった説も?
▼08.1800系通勤改造車:平成13年登場
201904301410057f1.jpeg
当時の営団有楽町新線池袋~小竹向原間(後の東京メトロ副都心線)開業に合わせて登場したバージョンアップ版の9000系ですね。今は9000系同様リニューアルされているので、ぱっと見は9000系と見分けがつきにくいかもしれません。
▼09.9050系:平成6年登場
20190430203221d64.jpeg
当時の営団車両に合わせて登場した多扉車ですね。営団03系にも負けないぐらいのかっこよさですね。
▼10.20050系:平成4年登場
20190430132010070.jpeg
9050系のテイストが残る20000系のような車両ですね。確か本線の複々線の草加~越谷間延伸に伴う増発分で登場した記憶です。竹ノ塚始発の越谷行きが誕生したのも、20070系登場時と重なります。
▼11.20070系:平成8年登場
2019043013201571f.jpeg
最初は半蔵門線乗り入れ用として開発されましたが、現在は大半が東上線に転属していきました。
▼12.30000系:平成8年登場
20190430142245e8a.jpeg
この形式から自社発注設計では無くなってしまいました。
▼13.50000系:平成16年登場
201904301320061c8.jpeg
最初50000系を見た時は9000系みたいに東上線専用車両のイメージかと思いましたが、本線にも同等の車両が来ましたね。
▼14.50050系:平成17年登場
20190430132005fb3.jpeg
東京メトロ副都心線池袋~渋谷間延伸開業に合わせて用意された車両ですね。
▼15.50070系:平成19年登場
20190430132003682.jpeg
東京メトロ副都心線池袋~渋谷間延伸開業の影響で、東上線池袋駅の客を減らさない為の奇策とも言われていたようです。バイオレットの帯が東武百貨店の包装紙がルーツとなった話も最近聞きました。
▼16.50090系:平成20年登場
201904301320028c8.jpeg
悲願の野田線新車導入を実現した形式です。顔つきは異なりますが、車体構造は50050系後期車と同等です。平成最後の60000系臨時列車は佐野線直通列車でした。
▼17.60000系:平成25年登場
20190430132014af1.jpeg
東京メトロ13000系と共通設計の東武車両です。2017年7月7日デビューと7づくしだったのも記憶に新しいところです。
▼18.70000系:平成29年登場
20190430132012ff3.jpeg

全体的に見たところ、昭和時代とは違って地味な印象の東武にしては、かなり個性的な車両が多く登場したような印象です。新時代となる令和時代最初に登場する東武車両は70000系の可変座席搭載版の70090系になりそうです。フラッグシップ特急登場も予定されている令和時代の東武も目が離せなさそうです。

平成時代では皆様には大変お世話になりました。令和時代になっても弊ブログを宜しくお願い申し上げます。令和時代、それは皆様にとって良い時代になることを祈らずにはいられません。良い新時代をお迎え下さいませ!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

diamond next

Author:diamond next
スカイツリーと乗り物が好きなアラフィフに片足突っ込んだオッサンのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR