FC2ブログ

7316.非鉄な人にも好評だったスペーシアきぬがわ号

9月17日、家内と家内の友達と、前の会社の先輩とで鬼怒川へ行くことにしました。前の会社の先輩が私のInstagramで掲載したSL大樹の写真を見て、「ぜひ行きたい」との希望を受け、私が乗車ツアーをセッティングしました。
まずはSL大樹の指定券です。
▼01.ボックスにした。

東武は朝9時から買えるので便利ですね。次はスペーシアきぬがわ号の切符です。新宿出発の時点では3人なので個室にしました。実際3人グループの個室利用は多いようです。
嫁の友達は栃木県内在住につき、栃木駅からスペーシアきぬがわ号に乗車し、確保した個室に誘導します。この分の特急券は東武線内だけなので、JR側で発券した特急個室グリーン券を東武駅の窓口に提示、栃木駅から個室に一人合流が可能な特急券を発券してもらいました。
これは特殊な扱いになるらしいので、駅から本社に確認を取ったりする必要があるので、発券に20分程かかりました。こちらの事情で手間をとらせてしまい、申し訳無い事をしたような気がしましたが快く対応して下さいました。
▼02.左が栃木から合流する人向けの切符、右が新宿からの特急個室グリーン券。

いざ出発当日になりましたので、待ち合わせ場所の新宿駅に向かいます。前の会社の先輩は西武新宿線沿線在住なので、新宿発のスペーシアは大変助かると大喜びでした。
少し早めに到着しましたので、小田急ロマンスカーの出発案内を見ました。車両のビジュアルがあるので、今の東武線浅草駅の発車案内と似ているような?
▼03.関係無いが大雨でもVSE使用列車は満席。

ホームに上がります。私達が乗車するスペーシアきぬがわ号の前にはもう一本前のスペーシアきぬがわ号がありました。
▼04.一本前のスペーシアきぬがわ11号は臨時列車。

乗車電が到着しました。
▼05.これがスペーシアきぬがわ3号。

個室は同行者に好評でした。私は何度か乗ってるので、初めて乗車する同行者に窓際の席を譲りました。
▼06.新宿からは3人だから個室にした。

栗橋で乗務員交代後にデッドセクションを通過します。デッドセクションの話になり、電気が無い区間を通過する旨を同行者に話したら、大変驚いておりました。
▼07.デッドセクション通過。

これは東武の車両なので、同行者は新宿から東武の乗務員が乗務しているものと思っていたらしいです。
▼08.電気がつけば東武線に入った証拠。

東武線に入り、利根川を渡るところです。
▼09.JR対応の雅は107-1F。

ここで宇都宮からのもう一人の同行者と合流です。
▼10.栃木で交通安全マーク車。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

指定券の発券方法

東武のシステムがどうなっているのかはよくわからないですが、JRの場合、何も言わないと4人だと「A-B-C-D」で発券されてしまう(←急行列車のボックス席の名残。今は発券方法は改善されているか?)ので、今のような特急車両ですとボックスにはならないので指定券をお願いする時には「前後の席でボックスになるように」と言えば、A-B-A-B(またはC-D-C-D)となり、シートを回転させればボックスになりますね。

個室券の途中からの乗車の扱いについて、出来ることは知っていましたが実際に券面を見たのは初めてです。
貴重なものを見せていただき、ありがとうございました。

Joh様へ

コメントありがとうございます。ボックス席の発券は言葉を選ぶものですね。JRだとそういう暗黙の了解があったとは。個室の途中乗車は発券に時間がかかったから本当に大丈夫なのかな?と思ってましたが、いざ紙の特急券を発券されてびっくりでしたね。栃木からでしたがこれに対する検札は来ませんでした。栃木からの同行者に紙の特急券を渡したら大変驚いていましたね。
プロフィール

diamond next

Author:diamond next
スカイツリーと乗り物が好きなアラフィフに片足突っ込んだオッサンのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR