7216.きぬ146号で帰宅

7月16日、いよいよ帰路に就きます。
▼01.連結完了!

多分営業運転開始直後は、このようにまったり撮影出来なくなるかもしれませんね?
▼02.奇跡的に無人での撮影に成功。

やはり電車を入れないと東武線を走るSL感が出ませんね。
▼03.6050系下今市行きに道を譲る。

帰りの電車は・・。
▼04.きぬ146号で戻す。

▼05.スカートの損傷が酷い。

この列車は満席とのアナウンスでしたが、隣は誰も来ませんでした。
▼06.スカイツリーエクスプレス・SPACIA

下今市に到着しました。
▼07.夜行列車のような?

SL乗務員さんは手を振るのに積極的です。
▼08.SLからも手を振ってくれた。

▼09.夕暮れの転車台。

▼10.予備と思われるスハフ14-5。


以上で7月16日の話題は終了となります。最後までのご閲覧をありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽しみな『大樹』

撮影記、大変お疲れさまでした。

東武のSL『大樹』、いよいよ来月10日のデビューが楽しみですね。写真を拝見していて、距離は短いながらも山に渓流、田園風景など沿線の景色はバラエティーに富んでいるようで、転車台などのアトラクションと相まって乗っても撮ってもおもしろそうに感じました。

歴史遺産や雄大な自然に温泉、今日新駅の開業したTWSなど、数多くの魅力的な観光資源を抱える日光・鬼怒川地域に、SLという新たな目玉が加わるわけで、名前のとおり『大きな樹』に成長していくことを期待したいです。

私も機会があれば近いうちにそちらに出かけて、撮影や乗車を楽しみたいと思います。

N-Water様へ

コメントありがとうございます。そうなんですよ、景色の種類が多いのも鬼怒川線の大きな魅力ですよね。雰囲気だけは長大路線のようですが。
今年は新型特急運転から始まり新駅開業、そして来月からのSL運転に駅前での転車台実演と、鬼怒川線だけで話題を独占しているのが凄いです。
先程新駅にも行きましたが、初日らしく活気がありました。リバティがぎゅうぎゅう詰めになるぐらい混雑した程です。
SLの愛称は仰せの通り大きな樹の意からきているので、大きな樹=スカイツリーから来ているのも凄いです。鬼怒川線全体がテーマパークのような路線になりましたよね。将来に期待〜JRからも東武線にE655系和やトランスイート四季島も呼べるぐらいの路線に成長してもらいたいです。
プロフィール

diamond next

Author:diamond next
スカイツリーと乗り物が好きなアラフォーのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR