7198.宮城の名鉄

7月9日のくりでんの話題はまだまだ続きます。KD10形気動車編です。
▼01.元名鉄。

塗装は名鉄時代のままなので、くりでん感が無いです。仲間は海外ではバリバリ現役ですが。
▼02.電車と連結。

ラッシュ用で導入されたそうですが、晩年はあまり出番が無かったようです。
▼03.渋い駅名。

この名鉄も走行可能なのでしょうか?
▼04.さっき乗車したKD95形と。

駅舎に戻ります。
▼05.渋い転轍機レバー。

廃止前は道路の先も線路が続いてました。この駅は途中駅でした。
▼06.道路で分断された線路。

左側ホームの屋根は何と無く後付け感がありますね。
▼07.道路から見た石越方面。

駅舎も立派です。ここの出札口で体験乗車券を購入しました。
▼08.駅舎は現役のよう?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

線路は続いて欲しいよ もうちょっと

元々の知り合いの縁で、数年前、中国地方の保存鉄道を見に行ったことがあります。
こちらも活動が活発で、懐かしい駅舎に懐かしい車両。長時間いても全く飽きないほど、いい風情でした。

(普通の企業としての鉄道会社ももちろんですが、公共交通機関ではないという立場上)事故を起こしたら活動できなくなるわけで、車両や線路の整備や確認を非常に入念に行われていたことが印象的です。

でもやっぱり、線路が途中で終わっているのはここも同じで、もうちょっと長く乗って(走って)いたいなぁ~と思ったのは言うまでもありません。

QUWA様へ

コメントありがとうございます。中国地方の保存鉄道、何となくどこかわかった気がします。この日の午前中は仙台で仕事だったので、午後からの訪問となりましたが、午前中から来ても飽きなかったかもしれませんね。保存鉄道ならではの保守、普通の鉄道以上の安全性かもしれませんね。線路が途中で終わっているのを見るのは、どこに行っても悲しくなるのは同じですね。
プロフィール

diamond next

Author:diamond next
スカイツリーと乗り物が好きなアラフォーのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR