6752.東武300系唯一の普通列車

8月11日に東武300系による、普通・会津高原尾瀬口発新藤原行きに乗車した時の様子をご紹介します。
この列車は尾瀬夜行の返しなので・・。
▼01.夜行アメニティグッズが集められていた。

短区間で前4両しかドア扱いしないから、座席回転は必要最低限です。
▼02.2号車の座席は後ろ向きのまま。



車掌さんからも私の乗った2号車の扉は新藤原まで開かない旨を教えて頂きました。300系が2両だけドアカット出来るとは知りませんでした。

▼04.会津高原尾瀬口を出発。

早朝の会津高原尾瀬口駅では出札窓口がまだ開いてないので・・。
▼05.車内で切符を購入。

この列車、始発の会津高原尾瀬口と終着の新藤原以外の全ての中間駅はホーム有効長が4両分しかないので、後ろ2両の扉は締め切り扱いとなります。
▼06.男鹿高原に到着。

ホームから列車がはみ出しているのがお分かりでしょうか?
▼07.中三依温泉に到着。


野岩線内を走る300系自体貴重なのに、普通乗車券だけで乗れるのも凄いです。


▼08.湯西川温泉にある道の駅が。

これは6050系による会津高原尾瀬口発下今市行きの尾瀬夜行運転日の野岩線内のみの代走になります。
▼09.川治湯元に到着。

川治湯元駅はトンネルをすぐ出た橋の上にあるので、凄いロケーションです。
▼10.トンネルに車両がはみ出している。

去年はこの橋から300系普通列車を撮影していました。
▼11.去年撮影した橋。

かなりデラックスな普通列車となりました。
▼12.龍王峡に到着。


てっきり尾瀬夜行の返しは全区間回送と思っていただけに、この列車の事を知った時は仰天したものです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

ドアカット

300系にドアカットの機能があるとは知りませんでした。野岩鉄道内は全部6両分の有効長があるとの認識だったのですがホームはないのですね。知りませんでした。スノーパルには何度か利用したことがあるので折り返しの普通が存在することは知っていました。字幕は急行幕時代には普通幕がありましたが、特急幕を作るときになくなってしまったようです。※コマ数の関係でしょうか?
ちなみに折り返し回送としない理由ですが、時間的な問題と回送のコストの問題かと思います。

びんいち様へ

コメントありがとうございます。野岩線内の6両分は線路だけです。普通幕は本当に無くなったのですね。急行幕も使うはず無いのに残ってるのですね。

これで回送にしてしまったら、別に6050系を送り込まなければならないから、野岩線内で2本立てしたく無かったのでしょう。
プロフィール

diamond next

Author:diamond next
スカイツリーと乗り物が好きなアラフォーのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR