6581.700系列しかいない東海道新幹線

4月10日に東海道新幹線東京駅で撮影した写真をご紹介します。
▼01.西日本編成でも車番フォントが同じなのは物足りない。

▼02.後打ち。

今ならまだ誰も700系を撮影してないので、静かに記録です。
▼03.これが一番撮影したかった!

▼04.昔0系さよなら運転もここで撮影したな。

こんなものも入れて撮影。
▼05.新幹線生みの親のお方だったか?


▼07.N700系は凄いフォルムだけど見慣れた。


これを撮影した後にこだま号で静岡に向かいました。
▼09.東海道新幹線はオールN700系を目指しているらしいが。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

レリーフ

新幹線19番ホーム上にある(博多側)レリーフは、新幹線建設を推し進めた十河信二国鉄総裁の肖像と自筆の書碑「一花開天下春」(一花開いて天下の春)と刻まれています。十河さんの次の次の磯崎総裁の時に作られています。作られた理由を示すものはなく諸説いろいろあり謎が多いです。本来であれば裏側に整備新幹線が開業するごとに凹みにプレートが埋められる予定でしたが、実際は博多開業までで、その後の東北新幹線や北陸新幹線等のプレートは埋め込まれず空白のままとなっています。ちなみに肖像は似てないですね。

びんいち様へ

コメントありがとうございます。レリーフの内容はすぐに出てきませんでした。裏側はそんな仕様になっていたのですね。見た事もありませんでした。顔はメガネの造型がリアルだったのに似てないのは勿体無いですね。
プロフィール

diamond next

Author:diamond next
スカイツリーと乗り物が好きなアラフォーのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR