FC2ブログ

5959.追悼~駅長たま

2008年8月の記録です。先日、和歌山電鐵貴志駅の駅長だったたまが急逝しました。そこで私が実際にたまに会った時の写真がありましたので、ご紹介します。

▼01.生前の姿。たまの前には人が絶えなかった。






この頃は貴志駅が改築前でしたので、このように非常にオープンな状態でたまに会うことが出来ました。

最初は駅近くに居る普通の猫でしたが、駅で引き取った後に和歌山電鐵が駅長ににしてしまい、これが大ヒット。この猫を見に来る観光客が国内外から和歌山に押し寄せました。これぞ本当の招き猫ですね。

私にとってはこれが最初で最後の遭遇になってしまいました。わざわざ宿泊先の大阪からサザンで駆けつけた甲斐がありました。

駅長たまのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

この写真は旧gooブログで掲載していました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

和歌山電鐵・たま駅長が急逝〜高齢とは言えども…

去る22日、日本一有名な駅長とも言われ、和歌山電鐵・貴志駅の駅長として勤務、後に社長代理ウルトラ駅長にまで昇格した「たま駅長」が16歳で急逝されました。 猫にしては高齢という事もあり、近年はたま駅長に代わりニタマ駅長が勤務している事も案内される状況でしたの...

コメントの投稿

非公開コメント

ねこ駅長にしては過酷だったかも…

こんにちは。

こちらがたま駅長を訪問した際には、立派過ぎる駅長室内でお勤めの状況でしたので、オープンな状態とは程遠い状況でしたが、これは他の駅長猫と比べても別格で、生前の人気や功績の大きさを改めて実感させられます。

たま駅長ほどではないですが、ねこ駅長の1匹として有名な芦ノ牧温泉駅のばす駅長などは、訪問時に駅舎外へ外出しており、途中で待合室に舞い戻るという非常に気紛れな勤務状況でしたが、昼間はずっと駅長室内でお勤めだったたま駅長の勤務は、ねこ駅長にしては過酷だったかもしれませんね。

たま駅長がいなくなった今後も、たま電車やバスなどは引き続き走り続けるらしいですが、あとを継ぐニタマ駅長に関連した車両なども登場するのか否か気になる所です。

またこちらもブログにて追悼記事を公開していますが、この場からも改めて冥福を祈りたいと思います。

たま駅長、永年の勤務ご苦労様でした。

MAKIKYU様へ

コメントとトラバをありがとうございます。貴ブログで新しい駅舎を見たのですが、猫にしてはかなり大げさな環境のように思えますね。あれでは改築前のオープンな雰囲気の方が良かったのではないかと思われます。

会津鉄道の駅長猫はそうなのですね。たま駅長もそのぐらいオープンな時間があったのかな?と気になるところです。

これからはニタマが中心とした集客になりそうですね。猫を使ったビジネスモデルは画期的でしたね。

猫駅長

うちの妻は猫好きなのですが、たま駅長だけは行きませんでした。

メジャーすぎて混雑が心配なのが大きかったです。

自分はおさむを見に行ったことがありますが、指定の場所にはいませんでした。

偶々雑誌の取材か何かが入って、駅員に強制送還されて会うことができました。

気ままに動くのが猫なのですが、せっかく遠くから行って会えないのも寂しいですから難しいところだと思います。

ちなみにたまの方ですが、近年は老齢化で動かず寝てばかりいたようなので、末期のガラス張りは、まぁそんなにつらかったというほどではないのかと思います。

あと同じ場所に居着くのはメス猫だけで、オス猫は基本的に家出をしてどこかへ消えてしまいます。

なので飼い猫は基本的に去勢するそうです(去勢すると家出をしなくなるそうです)。

びんいち様へ

コメントありがとうございます。そうなんですよね、あそこまでメジャーになってしまうと距離感を感じてしまいます。遠く迄来てガラス越しにしか猫を見れないのもなぁ・・というのも大きいですね。
プロフィール

diamond next

Author:diamond next
スカイツリーと乗り物が好きなアラフィフに片足突っ込んだオッサンのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR