FC2ブログ

7917.方南町→溜池山王→西新井

8月10日のメトロ24時間券の旅の話題はこれで最後となります。方南町駅近くでランチを済ませ、再び丸ノ内線に乗車します。

▼01.令和でも残る営団地下鉄。

201908190859538e8.jpeg
営団の文字はまだ残ってるものなんですね。ここから新宿・大手町とか乗り換え無しで行けるようになったから、マンションも高くなってそうな?
▼03.帰りは未更新02系6両編成で撤収。
20190819085954e93.jpeg
20190819085955987.jpeg
赤坂見附で銀座線に乗り換え、溜池山王駅に到着しました。
▼05.01系に再会。
201908190859573cd.jpeg
銀座線01系を模した自販機があります。
▼06.自販機なのに01系の雰囲気が凄い。
20190819085958204.jpeg
01系のメトロマークはこのタイプでなく、ステッカー式なので、他形式で使われていたものと思われます。
▼07.メトロマークは01系のとは違う?
201908190859590d5.jpeg
写真ではわかりませんが、近づくと「ご購入ありがとうございます。」とか車掌のアナウンスが流れたりもします。
▼08.盗難されなければいいが。
201908190900014ac.jpeg
銀座から乗りましたが、ギリギリ座れなかったですねw
▼09. 日比谷線でメトロ線から撤収。
20190819090003097.jpeg
ここで降りたのはスタンプラリーの都合です。
▼10.西新井で下車。
20190819090004a17.jpeg

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

7916.ホーム延伸後の方南町駅

8月10日の東京メトロ24時間券の旅は続きます。中野坂上から方南町行きに乗り換えました。

▼01.中野富士見町で下車。
20190817180132e72.jpeg
中野富士見町で下車しました。
▼02.丁度柱が途切れている所で抜けた。

6両編成で方南町まで行く列車は初めて見ました。
▼03.本線から直通の方南町行き。
201908171801339a6.jpeg
▼04.ホーム延伸後初の方南町駅に到着。
20190817180134bf1.jpeg
一部の新宿行きを方南町まで延伸して対応したそうです。
▼05.本線から直通の方南町行きが到着。
20190817180137176.jpeg
20190817180138c8b.jpeg
増発分は2000系投入でカバー出来ますからやりやすそうです。
▼07.プラレールの地下トンネルのような雰囲気?
20190817180139044.jpeg
中野坂上行きだけではありません。
▼08.方南町駅から池袋行きの直通。
2019081718014192a.jpeg

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

7915.四ッ谷の定番撮影地

8月10日に東京メトロ丸ノ内線は四ッ谷~赤坂見附間で撮影した写真をご紹介します。

▼01.いきなり方南町行き。

ここは初めて来ました。迎賓館の前なんですね。
▼02.02系同士の交換シーンも今のうち。
201908151736490fd.jpeg
▼03.やっと撮れたと思ったら曇ったw
20190815173651b48.jpeg
日中ダイヤでここで編成写真を撮影するのは至難の業です。
▼04.よく被る区間だった。
2019081517365199a.jpeg
行先も車両もまだ見慣れない組み合わせですよね。
▼05.2000系で方南町行きなど今までの丸ノ内線じゃない印象。
20190815173651504.jpeg
02系6両固定編成は全編成撮影済みですが、やはりこういう形での撮影が一番です。
▼06.ようやく順光で撮影に成功。
201908151736515a8.jpeg
最後は新旧並びました。
▼07.世代交代を感じるひとコマ。
2019081517365369e.jpeg

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

7914.10両編成対応になった北綾瀬駅

今回より8月10日の東京メトロ24時間券ツアーのシリーズ記事が始まります。

▼01.時刻表を見る必要がある北綾瀬行き。

今回の24時間券は綾瀬駅から使い始めました。
▼02.今まで通り0番線から乗る。
2019081507560183d.jpeg

▼03.一区間しか無いのに立派なLCDが。
201908150756048f5.jpeg
この3両編成は暫く残るのですかね?10両編成でも北綾瀬まで回せるようになったんだし、予備を2本立てするのもねぇ・・。
▼04.北綾瀬に到着。
201908150756063e7.jpeg
新しい北綾瀬駅です。10両編成対応に生まれ変わっています。
▼05.ホームが延びている。
2019081507560739b.jpeg

▼06.延伸部分に新しい改札口。
20190815075608d1e.jpeg
せっかくなので、降りてみました。手前には公園があります。
▼07.新しい出入口。
201908150756100b3.jpeg
従来からある環七側の改札口まで歩きました。
▼08.確かに北綾瀬から代々木上原行きが。
201908150756112fc.jpeg
そのうち綾瀬・大手町・代々木上原・伊勢原方面とかに書き換えですかね?
▼09.綾瀬方面としか書いてないのは、相変わらず。
201908150756130af.jpeg
さて帰りは10両編成の本線直通の代々木上原行きです。
▼10.本線からの北綾瀬行きが到着。
20190815075614ef9.jpeg
お分かりになれますでしょうか?北綾瀬駅に代々木上原行きが居ます。
▼11.北綾瀬から代々木上原行きに乗車。
201908150756167d3.jpeg
▼12.確かに北綾瀬から乗り換え無し。
201908150756172fb.jpeg
北綾瀬から一本で北千住です。あっさりと到着したので言葉にならないぐらいでしたw
▼13.北千住で下車。
20190815075619412.jpeg

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

7913.東武東上線スタンプラリー終了

8月9日に東武東上線スタンプラリーの続きを進めました。まずは池袋駅山手線ホームからです。

▼01.わかりづらいが川越特急。

前回は川越まででしたので、川越特急で一気に川越市まで向かいました。川越特急車内では途中の朝霞台から乗る仲間の為に、スーツケースで仲間の分の座席を確保する輩がいるわ、どんちゃん騒ぎするわで呆れました。荷物を使った場所取りは本線の快速でも問題になってましたね。
▼02.重ね押しスタンプアートが完成。
201908141033045b3.jpeg
さらに残りのスタンプを押し続け、小川町まで行き、スタンプラリーは終了となりました。
▼03.フライング塗装車の表記が消滅。
20190814103302336.jpeg
川越駅にある定期券売場でスタンプラリー台紙を提示し、電車カードをもらいます。
電車カードの種類は・・。
・50090系池袋川越アートトレイン
・50090系フライング東上塗装車
・8000系フライング東上塗装車
・20400件
・DL大樹
といったラインナップでした。
▼04.今年は好きなカードが選べた。
20190814103306950.jpeg
ランチの都合で川越からは各駅停車に乗車します。
▼05.メトロ7000系で鶴瀬に到着。
20190814103307b02.jpeg
東武9050系ですが、現時点ではN化されていません。GM東武10030系の車体にBトレ東武9000系の顔を移植して作ったフォロワーさんがいてビックリしましたが。クーラー形状も9000系や10000系には無いものなので、これは厄介そうです。
▼06.9050系を作るのはかなり難しい?
20190814103309de3.jpeg

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

5050系




東急5050系の一覧です。編成番号をクリックするとその編成の写真の記事に進めます。
4101F
4102F
4103F
4104F
4105F
4106F
4107F
4108F
4109F
4110F
5151F
5152F
5153F
5154F
5155F
5156F
5157F
5158F
5159F
5160F
5161F
5162F
5163F
5164F
5165F
5166F
5167F
5168F
5169F
5170F
5171F
5172F
5173F
5174F
5175F
5176F

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

5050系5175F

20190825045657c95.jpeg

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

5050系5170F


テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

7912.佐渡汽船カーフェリーの軌跡・第5回~直江津小木航路も大型化へ!カーフェリーの玉突き転配


連載記事・佐渡汽船カーフェリーの軌跡です。前回の「第4回~離島航路初10000トンクラスのハイテクシップ!おおさど丸就航」に続き、今回は「佐渡汽船カーフェリーの軌跡・第5回~直江津小木航路も大型化へ!カーフェリーの玉突き転配」です。

佐渡汽船では新しいカーフェリーが投入されると、最初は新潟両津航路から投入される傾向があります。それに伴い、直江津小木航路に古いカーフェリーが転属になります。今回は直江津小木航路に高速カーフェリーあかねが投入される以前の時代でのその動きについての説明になります。

取り敢えず今回の説明で登場するカーフェリーの写真です。
▼みゆき丸
20190809111304cea.jpeg
▼おおさど丸(初代)
20190809111304164.jpeg
えっさ丸だけ他社から譲り受けた中古船につき、他の佐渡汽船の船とはちょっと雰囲気が違うような気がします。売店が無く自販機だけしかないチープな設備の船だった印象です。
▼えっさ丸
20190725220957a21.jpeg
▼こがね丸(2代目)
20190725221036b80.jpeg
こがね丸とおとめ丸は姉妹船なので、形状が同等となっております。最初は見分けがつかないぐらいでした。
▼おとめ丸
20190725220957724.jpeg
佐渡汽船初の8000トンオーバークラスのカーフェリーがこさど丸です。佐渡汽船で可動式車両甲板を初めて導入したカーフェリーでもあります。
▼こさど丸
2019072522120229b.jpeg
佐渡汽船初の10000トンオーバークラスのカーフェリーがおおさど丸です。
▼おおさど丸(2代目)
201907232208045ed.jpeg
おおさど丸とおけさ丸は港湾設備の都合で直江津小木航路への転用が出来ません。
▼おけさ丸
20190814105554e55.jpeg
こがね丸(3代目)はおけさ丸の姉妹船で、形状が似ています。新造カーフェリーにしては珍しく最初から直江津小木航路に投入されました。
▼こがね丸(3代目)
20190809143836a8c.jpeg
それではカーフェリーの動きについて見てみましょう。
▪️パターンA(1973年頃)
新潟両津航路
おとめ丸・こがね丸(2代目)
直江津小木航路
おおさど丸(初代)・みゆき丸

▪️パターンB(1976年頃)
新潟両津航路
おとめ丸・こがね丸(2代目)
直江津小木航路
おおさど丸(初代)・えっさ丸

パターンBからみゆき丸が佐渡汽船から姿を消しており、愛称はそのままに近くの粟島汽船に転籍しています。引き換えに入ったえっさ丸は他社からの購入改造による投入なので、中古船となります。

▪️パターンC(1983年頃)
新潟両津航路
こさど丸・おとめ丸
直江津小木航路
こがね丸(2代目)・えっさ丸

パターンCはこさど丸が新造船として投入された後の配置です。押し出しでこがね丸が直江津小木航路に移っています。

▪️パターンD(1988年頃)
新潟両津航路
おおさど丸(2代目)・こさど丸
直江津小木航路
おとめ丸・こがね丸(2代目)

パターンDはおおさど丸が新造船として投入された後の配置です。直江津小木航路はかつての新潟両津航路での姉妹船コンビが復活しています。

▪️パターンE(1993年頃)
新潟両津航路
おけさ丸・おおさど丸(2代目)
直江津小木航路
こさど丸・おとめ丸

パターンEはおけさ丸が新造船として投入された後の配置です。押し出しでこさど丸が直江津小木航路に移り、直江津小木航路のカーフェリー大型化が実現しました。直江津小木航路は関西方面からの観光客の利用が多かったのも特徴的でした。

▪️パターンF (1995年頃)
新潟両津航路
おけさ丸・おおさど丸(2代目)
直江津小木航路
こがね丸(3代目)・こさど丸

パターンFでおけさ丸の姉妹船となる新造船こがね丸(3代目)が投入され、それと引き換えにおとめ丸が退役になっております。

直江津小木航路専用の新造船が入り、同航路の大型化が定着したのも束の間、この後は大きな試練が待ち受けていました。

次回は「第6回:佐渡汽船に大ナタ!直江津小木航路縮小に船舶小型化へ」をお送りします。

31*04F


20190823234235ca7.jpeg

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

diamond next

Author:diamond next
スカイツリーと乗り物が好きなアラフィフに片足突っ込んだオッサンのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR