7179.新鹿沼→下小代→春日部

6月25日の話題はこの記事で最終回となります。
▼01.春日部から新鹿沼に。

まだ帰るのは早いから勿体無いので、北上しちゃいました。
▼02.待避。

▼03.2両運用は珍しいらしい。

フラッグシップ特急による置き換えが決まったので、今から無難に記録です。
▼04.新鹿沼らしくゴルフ客らしき人々も。

これが日光線特急を退いたらどうなるんでしょうね?伊勢崎線特急転用にしろ、個室車両までは要らないでしょうし。
▼05.今なら好きなだけ撮影出来るよ!

これが一番の目的でした。
▼06.上りだけの区間急行。

帰りの電車まで時間が余りましたので、更に北上しました。
▼07.下小代駅旧駅舎。

6050系の日光線各駅停車はかつての区間快速を思い出しました。車内に竹ノ塚モータースクールや東武ホテルレバントの広告が残ってるのに浅草まで行かない6050系は信じられません。
▼08.南栗橋行きで撤収。
 
南栗橋に到着し、すぐさま50050系に乗り換えです。
▼09.6050系から乗り換えた半直。

春日部に戻って来ました。
▼10.スカイツリーライナーだった粋。


以上を持ちまして、6月25日の話題は終了となります。最後までご覧頂きましてありがとうございました!
スポンサーサイト

7178.ダイヤ改正後初の350系

6月25日、下今市駅まで来ましたが・・
SLが動かないorz
▼01.350系も下今市でためていた。

仕方なくカードを切りました。
▼02.リバティけごん48号を手放し、こちらに変更。

電源コンセントが無い車両だから、モバイルバッテリーに頑張ってもらうしか。
▼03.東武日光方面は凄い勾配。

車両は微妙ですが、快速廃止前よりは乗っていたような。
▼04.350系も騒ぎになる前に。

これがリバティには無い良いところです。
▼05.自販機も稼働。

▼06.日光線で一番好きな区間を通過。

これは特急なんですが、東武動物公園通過前から減速気味になりました。
▼07.トブコで久喜からの急行に道を譲る遠慮っぷりw

春日部に到着しました。出口が限定されてるので、少し慌てます。
▼08.春日部駅名物特急券チェック。

7177.下今市機関区

6月25日の下今市駅でのSLの話題は続きます。
▼01.引っ張り出された。


このアントの塗装、昔の東武電機と同じですねw
▼03.既視感ある塗装。

C11とDE10の2両だけしか保管を考えてないようです。
▼04.2両分しかないシンプルな機関庫。

SLと車掌車はセットみたいです。
▼05.車掌車と転車台に。

▼06.レトロな駅名標と。

たまたまスカイツリーの高さと一致?
▼07.ハチムサシ。

7176.初めて下今市駅でSLを見る

6月25日の下今市駅でのSLです。
▼01.SLが現れた。


こちらでSLを見たのは初めてです。転車台からの線形が何と無く模型っぽいような。
▼03.スーパー駐車場から。

これが無いとSLは東武線を走れませんからねぇ。
▼04.こちらは予備か。

時空を超えた並び!
▼05.スペーシアとSLの競演。

スペーシアはいまでもGTO-VVVFのままなので、非常に良い音を奏でていました。
▼06.スペーシアから発煙?

▼07.スペーシアからSLに気づいた人は多いのでは?

7175.けごんで来てけごんで戻る

6月25日の下今市駅の500系リバティです。
▼01.先程のリバティけごん11号が東武日光から回送。

3両の東武特急は史上初ですね。
▼02.本線上で入れ換え。

▼03.渡り線を通過。

予想通りの場所に入りましたね。
▼04.下り副本線に入線。

これ使って鬼怒川線特急連絡列車も出来なくは無いかもしれませんが、無難に日光へ回送です。
▼05.ここで日光発リバティけごん28号の時間まで留置。

東武っぽくない顔触れですね。
▼06.この時の下今市駅の顔触れ。

座席は既に浅草方を向いています。
▼07.506Fはさっきのリバティけごん11号。

7174.快速無き後の6050系

6月25日の下今市駅での東武6050系です。
▼01.本線上で入れ換え。
 
この通りダイヤ改正前では見られなかった列車が出来ました。
▼02.下今市始発鬼怒川温泉行き。

この新藤原行きも本線上で入れ換えでした。
▼03.左の引き込み線はSL用と思われ。

6050系は4両が多くなりました。
▼04.ここから南栗橋まで直通は便利。

快速がリバティ化になった後もこのような速達列車が残ったのは、大変評価出来ます。
▼05.急行幕も似合う。

鬼怒川~日光間を結ぶ列車も観光車両なら尚いいですが。ニートになった634型などどうよ?
▼06.Vターンの東武日光行き。

またレア行先です。
▼07.初めて見た鬼怒川公園行き。

鬼怒川温泉だと特急とかで一杯になり、新藤原だと容量不足だからかな?
▼08.線路容量の都合かな?

7173.レトロに生まれ変わった下今市駅

6月25日の下今市駅の話題は続きます。新しく生まれ変わった駅舎を見てみました。
▼01.見た目はかなり古い駅舎に変身。

このミスマッチが面白い。
▼02.古いデザインなのに自動改札。

半端じゃないこだわりを感じます。
▼03.出札口の文字が泣かせる。

SLに合わせて改築したそうで。SL様様ですね。
▼04.券売機は最新だが、路線図はレトロ感を感じる。

驚いたのはこれだけでは。
▼05.こんなギャラリーが。

▼06.SL広場はこんな感じになるのか。

陽明門が綺麗になったらしいから、行かないと。
▼07.今に例えるとリバティのような特急?

この電車、東武博物館にあるのと似てるな。
▼08.クモの巣マークが誇らしげ。

これはメチャメチャかっこいい!DRCはいつまでもいつまでも東武特急の顔ですよ!!
▼09.DRCは夢の超特急だった!

7172.下今市の14系

6月25日の下今市駅の話題は続きます。
▼01.まさかの東武機関区復活。

14系が留置されてました。やはり12系は使わないということでいいのかな?
▼02.オハフ15-1側から。

トイレはリニューアルしたらしいです。
▼03.試運転幕は東武で用意したかと。

我が家の14系もこれの真似をせねば。
▼04.東武アンテナのつけ方もチェック。


塗装が変わらず何よりです。まさか東武線でもブルトレ塗装が見られるとは。
▼06.スハフ14-1側から。

機関区横にも1両だけ14系です。
▼07.スハフ14-5は予備?

7171.会津・けごん分割作業

6月25日に東武日光線下今市駅で、500系リバティの分割作業を撮影しました。
▼01.まず6両で到着。

▼02.6050系は分割併合をやらなくなったらしい。

さあ、分割作業開始です。
▼03.左がけごん11号、右が会津111号。

写真ではわかりませんが、前照灯の転落防止灯もこの時に消えます。
▼04.左が506F、右が503F。

パッと見は小田急EXEやMSEの分割作業と似ています。
▼05.会津編成の扉が閉まった。

▼06.けごん編成も扉が閉まった。

このままで6両でも走行出来そうですが。
▼07.これで会津編成が発車するだけに。

これがリバティ最大の醍醐味です。
▼08.会津編成だけ発車。

今更気付きましたが、会津編成は上り下り共に先頭に連結されるのですね。なので浅草まで会津で行った編成は折り返しけごんになるのです。
▼09.左は残されたけごん編成。

けごん編成の506Fは東武日光到着後は再びここ下今市に回送されます。

7170.春日部→鬼怒川温泉→下今市

この記事より、6月25日のシリーズ記事が始まります。先ずは春日部駅から。
▼01.二段表示は初めて見た。

全車両廃車が噂される20000系にもマーク装着とは。
▼02.ネタ降臨。

乗車電が来ました。
▼03.前日スペーシア那須野号で走った編成。

隣が空いてるぐらい、車内はまったりしてました。
▼04.下今市駅がとんでもないことに。

あまり下今市で降りる人少なかったような。多くが鬼怒川温泉直通客です。
▼05.鬼怒川温泉駅到着。

転車台が出来てから来たのは初めてです。
▼06.御丁寧に時間まで記載。

ただでさえ観光客が多い駅だから、ここでSLが回れば大フィーバーになりそうです!
▼07.この位置の車止めに萌える。

どうやらこの日のSL試運転はまだ無かったようなので、上り会津マウントエクスプレスで下今市まで戻ります。
▼08.ぼっち席で移動。

乗車券だけでリクライニング、凄過ぎます。
▼09.下今市に戻った。
プロフィール

diamond next

Author:diamond next
スカイツリーと乗り物が好きなアラフォーのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR