4803.ANA歴代制服撮影会開催~遊覧飛行出発を見る

ANAボーイング747さよならチャーターフライトの行きの便の乗務員の方々によるトークショーの開催前に、ANA歴代制服撮影会も開催されました。これは1グループにつき約10名ずつぐらいで区切られ、1分間の撮影が可能となっているものでした。

▼01.左から古い順に並ぶ。


セッティングやポジショニングは良かったのですが、時間が短い上に光線状態が難しかったです。司会の方が「制服をうまく撮影出来た人!」と挙手を促しても手を挙げる人は少なかったです。私の隣の女性も「時間短いし暗くてうまく撮影出来なかった・・」と嘆いていました。

▼02.露出を下げれば背後のジャンボも写るのだが・・。



私はこれで満足しています!時間があれば一人ずつ縦位置で撮影したかったですが・・・。

▼04.背後のジャンボを犠牲に、露出を上げてCAさん中心で撮影。


トークショー終了後は熊本発の遊覧飛行のジャンボがゲートを離れました。熊本発の遊覧飛行と成田発着のチャーターフライト両方の申し込みは出来ないようになってました。

▼05.天草周辺への遊覧飛行に出発。



国際線ターミナルのチャーター便はこんな到着案内でした。

▼07.成田発なので国際線らしい。


阿蘇くまもと空港に国際線ターミナルがある事自体、この日初めて知りました。アシアナのカウンターぐらいしか見かけませんでしたが・・。

▼08.小さくひなびた国際線ターミナル。



▼09.敷地外からもジャンボを撮影したが、伊丹程の人出では。
スポンサーサイト

テーマ : 航空機
ジャンル : 写真

4802.機長からの貴重なお話

ANAボーイング747さよならチャーターフライトの行きの便であるANA2001便の操縦を担当したキャプテンとコーパイの方によるトークショーが阿蘇くまもと空港国際線ターミナル内で開催されました。簡単ではありますが、その内容をまとめましたので、ご笑覧下さいませ。キャプテンの方の発言はキ印、コーパイの方の発言はコ印となります。

熊本のテレビ局の女子アナが司会を担当。声が可愛かった。



トークショー会場図。やはりプレミアムクラス客の席が一番いい場所。



ANA2001便の二人の乗務員が登場!


ここからがトークショーの内容になります。トーク内容に関係している写真と一緒にご覧下さい。

コ:ジャンボは4つエンジンがあるので安心感がある。

この通りジャンボにはエンジンが4つあります。


コ:ジャンボの燃料は1分間でドラム缶1本分使う。
コ:前の飛行機の一段下の高度まで下がってから前の飛行機を抜き去ることをよくしていた。
コ:B747SRの航空機関士だった。

B747SRは全日空ロゴのみの機体が多かった。



キ:767から747に移行して機長に就任。

B767はこんな飛行機もありましたね。


キ:行きのチャーターフライトの責任機長。
キ:安全に阻害のないよう可能な限りのスピードで飛んで来ました。
キ:熊本空港とジャンボは私にとって思い出深い。

コ:今日皆様がお乗りになられたJA8961は 45000キロつまり地球を800周分飛行しました。

2010年に何も考えずに撮影したJA8961の写真がお宝物になろうとは。



キ:熊本訓練所で訓練。ダッシュ400のお披露目を熊本で見た。ダッシュ400とはほぼ同期だが、ダッシュ400の方が若干先輩。この当時はまだパイロットで無かったので、この飛行機のパイロットになれたらいいなと思っていた。

ダッシュ400の登場時は文字の入り方もウイングレットのカラーリングも晩年と違っていた。


キ:熊本の訓練でシャイアンなる名の飛行機に乗ったので、熊本の地形はよく覚えている。
キ:熊本着陸は10年ぶりで緊張した。通常は海側からの着陸だったが今日は山側からの着陸でもの凄く汗かきました。
キ:あとでタッチアンドゴーを操縦します。その時はコーパイが機長席に座る。

コ:熊本での訓練飛行ではシャイアンを操縦しました。

キ:国家試験を受けました。熊本で学科試験でした。山を下りて遊びに行ったり。熊本は昔と変わってない。訓練飛行で一番遠いのは釧路まで。

コ:37歳でキャプテンに。SRに乗ったが私より年上の機関士が居た。国際線に乗務していて、外国の空港の整備士は顔形でこの人がキャプテンかどうかを見分けるらしいが、年上の機関士が居たので、私が機長なのに相手にされなかった悲しい思い出も(笑)


B747SRでも国際線兼用機材が存在した。


キ:小さい飛行機から大きな飛行機を経て747へ移行。
コ:ダッシュ400から37歳でキャプテンに。国際線乗務が多かった。

コ:自分自身を育てて来た飛行機が747です。4月から787に移行。3~4か月くらい訓練。

伊丹里帰りフライトの乗務員もB787への移行訓練を受ける。



キ:23機いた747だが今日でまた1機退役。私と同期の飛行機がいなくなるのはさみしい。私は777移行に。

B777登場時はこんな姿だった。


乗客からの質問も受け付けました。

乗客:A380と747のコクピットの見え方の違いは?



キ:747は元々カーゴ機むけで二階席に操縦席がある。成田は誘導路が入り組んでいて見づらいが747はビルの3階ぐらいの位置にコクピットがあるので非常に見やすい。A380との違いは雪でリバースしても高いところに操縦席があるので景色が見やすい。

A380は二階建て機ながらも操縦席が二階でない。


旅客型からの転用貨物機。



ノーズドアがあるB747こそ、操縦席を上に上げた意味がある。



乗客:雪で降りたい空港に降りられないときはどうするのですか?
キ:雪の時はお客さんをのせる前に事前にかわりの空港を決めている。出発してから決めたりはしない。

終了後のステージ。


以上になります。ANA2001便のキャプテンとコーパイの方へ。貴重なお話を本当にありがとうございました!

テーマ : 航空機
ジャンル : 写真

4801.空の貴婦人、スカイミュージアムへ




羽田の倉庫で保管されていた日本航空ダグラスDC-8富士号の前頭部が、JAL航空教室で見学が可能なスカイミュージアムに移送された模様です。

写真は羽田空港国際線ターミナル開業前のイベントで屋外展示された時の姿です。この機体、現在の国際線ターミナルと同じ位置にあった昔の羽田空港からサンフランシスコへ飛んだ機体そのものなのも興味深いです。

スカイミュージアムではDC-8の椅子には座れなくても、室内が撮影しやすい状態で展示されることを願わずにはいられません。

4800.E4系も朱鷺色に




E4系の塗装が少し前まで現役だったE1系と同じ朱鷺をイメージした塗装に改められる模様です。

現在のE4系は上越新幹線の運用しかないので、上越新幹線に相応しい塗装ということなのでしょう。写真は山形新幹線を連結していた時の姿です。よくこれを見て『Maxつばさ』と呼んでたりもしました。

240km/hまでしか出せない足手まといですし、私はてっきりこのままで全廃になるものと思ってましたが、先が短いと思われる車両に今更お金と手間をかけるとは思ってもみませんでした。

4798.アーバンパークライン並ぶ





今朝の柏駅船橋方面ホームでは、2本のアーバンパークライン車が並びました。61603Fにもヘッドマーク装着です。60000系は多分全編成マーク付きかもしれません・・。


4797.阿蘇くまもと空港国際線ターミナルに到着

成田から出発したジャンボは、阿蘇くまもと空港に到着しました。

▼01.片側だけで2基あるエンジンの旅客機は日本で見納めに。


L2ドアからのタラップ降機となりましたので、タラップのガラス越しにエンジンを撮影しました。

▼02.ボーディングブリッジ接続ながらもタラップ降機に。


こうした演出もイベントならではのサプライズです。

▼03.空港職員もお出迎え。



▼04.再びジャンボの目の前へ。



二回もグラウンドレベルで飛行機が撮影出来るのは幸運です。

▼06.この角度で飛行機を撮影出来る機会はよく考えれば少ない。



ここは小さな国際線ターミナルです。

▼08.セクション41部分のみを切り取る。



普段入れない場所で撮影出来る権利があるのもツアー客の特権です。

▼10.撮影者は全員チャーター機の乗客。


滑走路の向こうは凄い数の車が並んでました。九州中の航空ファンが熊本に集結していたのかもしれません。

▼11.翼の向こうをよく見れば、凄い数の群衆が。


この後は国際線ターミナルに入りました。

テーマ : 航空機
ジャンル : 写真

4796.全ての60000系にヘッドマーク?







今朝は61602Fにもアーバンパークラインのヘッドマークが装着されていたのを確認しました。

昨日は61605Fで確認、さらに61601Fにも装着された目撃情報もありますので、ヘッドマークは今現在七光台に居る全ての60000系に装着されている可能性が考えられそうです。

ネーミングセンスは別として、少し色気付いた60000系も悪くはないと思います。ヘッドマークに描かれた60000系、単線区間を表現したかのようなところが野田線らしいです。

4795.さよならチャーターフライト、もうすぐ阿蘇くまもとへ

ANAボーイング747さよならチャーターフライトの熊本への旅は続きます。

▼01.初代制服が登場。


▼02.チーフパーサーは8代目制服。


本当に華やかです。

▼03.4種類もの制服が入り混じる。


大変活気があるレトロ感あるギャレーも、もうすぐ誰も居なくなります。

▼04.ギャレー細部をノーキャプションで。










▼12.もうすぐ阿蘇くまもと空港。


ANA2001便は無事阿蘇くまもと空港に着陸しました。

▼13.阿蘇くまもと空港到着時のサプライズ。


グランドスタッフからの思わぬおもてなしが、機内のスカイビジョンに映りました。これに機内がいい意味で騒然となったのは言うまでもありません。

テーマ : 航空機
ジャンル : 写真

4794.未更新10000系も東武アーバンパークライン






野田線最初の10000系である11652Fにも東武アーバンパークラインロゴが装着されました。未更新10000系のロゴ装着は初めて確認しました。

正面のロゴは小田急のような雰囲気です。個人的には8000系にロゴは付けないでもらいたいのですが、どうしたものでしょうかね・・。最近は8000系を見る度にドキドキします。

野田線の愛称、『東武あ、ハンバーグライン』にも聞こえなくもないような・・。

4793.E331系が廃車?




本日、京葉車両センター所属のE331系が機関車牽引で同センターを後にした模様です。但し、現時点ではこれがどういった目的の回送かのかがわかりません。

E331系は最近運用に入っていなかったらしいですし、E331系抜きでも予備まで回せていたかもしれませんので、今回の回送は廃車を目的としたものと思われます。試験的要素が強い車両でしたので、その役目を終えたのでしょう、多分。


プロフィール

diamond next

Author:diamond next
スカイツリーと乗り物が好きなアラフォーのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR