6888.懐かしい車

10月30日の昭和の杜シリーズ記事が始まります。まずは自動車編です。
▼01.鉄仮面とも呼ばれたスカイライン。

スカイラインですが、これは西部警察に出てきたタイプと異なります。
▼02.三菱ミニキャブは昔の仕事で乗った。

これは軽なのかマニュアルのくせに4速までしかない車でした。高速に乗ったらドアミラーが風圧で曲がってしまった程でした。
▼03.そうそう、こんな内装でした。

最初はシビックかと思いましたが・・。
▼04.ホンダライフ、昔はこんな形だった。

心なしかクリーニング屋さんの車が多かったようなスバルサンバーw
▼05.サンバーは小学生の頃よく見た。

▼06.この時代のブルーバードは知らない。

そろそろマニュアル車を知らない成人が出てくるか?
▼07.昔の車はマニュアルが当たり前だった。

最後は車ではありませんが・・。
▼08.馬車の展示なので、馬の模型がw
スポンサーサイト

6784.自動運転車に試乗

9月4日、日産に野暮用があったので、ついでに新型セレナの試乗をさせて頂きました。一枚目の写真奥に見える黒いミニバンです。
▼01.試乗したいと言っただけで、ドリンクとお菓子が!

すぐにでもセレナを買う訳では無いですが、話題の自動運転が気になったもので。空き時間でいざ試乗です。
▼02.プロパイロット作動前。

私は助手席です。これはセールスの方曰く自動運転の機能は、機能を熟知していて慣れてないと事故を起こす可能性があるからとのことで、この時はセールスの方による運転となりました。別に運転出来なかったことは全く気にしてませんが、そういう機能なのかと驚きました。
プロパイロットと呼ばれる自動運転の機能は、普通の街乗りでも活用出来ます。前に車が見えますが、プロパイロットを作動させ、このセレナが前の車の居場所を捉えると自動でブレーキがかかるようになっています。
小さなモニタに前の車を捉えた印となる、車の絵が映っているのがお分かりでしょうか?
▼03.プロパイロット作動後。

ただこのプロパイロット、同一車線でないと機能が継続せず、交差点を曲がったり車線変更をすると機能が解除されてしまいます。曲がり角が多い道順だといちいちプロパイロットボタンを押さねばならないので、かえって面倒になりそうです。
あとプロパイロット解除後も自動ブレーキがかかると思い込み、追突事故を起こす勘違いが増えなければいいですが。プロパイロット作動状況は前のモニタで確認出来るようにはなっていますが。
▼04.交差点を曲がればプロパイロット解除。

自動ブレーキも前の車が居ないと作動しないので、要注意です。スタンドアローン時の信号機も機能しないでしょう。前の車ありきの機能な印象なので、渋滞時には向いている車なのかもしれませんが。
お店に戻って来ました。
▼05.なかなかかっこいいフォルム。

プロパイロット車に試乗した感想を一言。
人 に 貸 せ な い
試乗の時点で運転を断られた程ですから、システムを理解してからでないと運転を任せられない車であることがよくわかりました。技術としては大変素晴らしいとは思いますが・・。
試乗させて頂いたセールスの方にはお礼を申し上げます。お忙しい中、本当にありがとうございました!

6737.車のVSE?



やっと捕獲出来ました。東京駅近くです。ご覧の通り、プリウスが小田急ロマンスカー50000形VSEと同じカラーリングになっております。世田谷と書いてあるのも小田急らしいですね。
写真ではわかりづらいですが、座席の色が赤いので、これもロマンスカーを意識したのかもしれません。後部座席は狭いですが、一度乗ってみたいです。
あと小田急のタクシーは7000形LSEと同じ塗装のタクシーもあるのですが、こちらはまだ捕獲出来ておりません。バスタ新宿あたりで狙えないかな・・。

6736.やっちゃった日産

自分の車の6か月点検につき、待ち時間でこんな車を見ていました。
▼01.日産新型セレナ。

まだ発売前らしいですが、既にお店にありました。随分吊り目になったと思いきや、上級モデルのエルグランド譲りだとか。トヨタのヴェルファイアにも似てるかな?
運転席に座ってみました。
▼02.ハンドルにはスイッチがいっぱい。

そう、この車から自動運転システム・プロパイロットが搭載されることになりました。同一車線内だけの走行ならアクセル・ブレーキ・ハンドルをコントロールしてくれるらしいですが、某ロック歌手が出ているCMみたいにハンドルに触っていないと違反になります。
スマホで某何とかGO!をやりたいが為にこのプロパイロットを乱用する輩が現れないことを祈らずには・・。
▼03.プロパイロットと思われるボタン。

今の車はナビで道路情報の取得までは出来ているので、それと運転を組み合わせたといったところでしょうか。私は自動運転は出たばかりの技術ですし、自分以外の運転は信用出来ないし、まだ怖いと思うのでノーサンキューですが、プロパイロットはこれからの日産車に増えていくのでしょう。
▼04.パーキングブレーキはボタン式なのも今時。

スライドドアはドアノブのボタンを押しただけで自動で閉まるのも知りませんでした。
▼05.二列目の座席は独立型。

後部座席は特に特徴はありませんでした。特にセレナを買う訳では無いですが、マジマジと見入ってしまいました。

5229.この頃の日産が一番好きだった

【訃報】「シーマ現象」生んだ元日産自動車社長・会長の久米豊氏が死去

バブル期のモータショーのパンフレットで知ったお名前でした。初代シーマや歴代最高の人気車であるR32スカイライン等を世に送り出した時の日産の社長だったお方です。

今の日産も素晴らしいと思いますが、バブル期の日産は本当の意味でトヨタに真っ向勝負出来る体質があったような気がします。日産でしか作れなかったクオリティが高い車種が多かった時代だったと思います。

この社長が居なければ、今の日産は無かったと思います。御冥福を心よりお祈りします。
プロフィール

diamond next

Author:diamond next
スカイツリーと乗り物が好きなアラフォーのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR