FC2ブログ

7822.佐渡汽船カーフェリーの軌跡・第2回~国鉄列車・夜行バスで行く佐渡の旅

連載記事・佐渡汽船カーフェリーの軌跡です。前回の「佐渡汽船カーフェリーの軌跡・第1回~自動車輸送時代の幕開け!日本海初のカーフェリーさど丸登場」に続き、今回は「佐渡汽船カーフェリーの軌跡・第2回~国鉄列車・夜行バスで行く佐渡の旅」です。

佐渡に向かう交通手段、例えば東京からだと新潟か直江津まで向かう、新幹線開業前の主な交通手段は以下の通りです。

L特急とき号上野~新潟
201904192058052a6.jpeg

L特急白山・あさま号上野~直江津
急行佐渡号上野~新潟
急行妙高号上野~直江津
臨時夜行バス大宮~新潟・直江津

L特急ですが、あさま号は直江津まで行く列車はかなり本数が少なかった記憶です。急行はどちらも夜行でもありました。妙高号は勿論信越本線経由で碓氷峠を通過した列車でもあります。臨時夜行バスは東武バスが貸切観光バスを活用したもので、5号車ぐらいまで連なっていたような記憶です。
当時の東京から直江津までの足は夜行で行く事が圧倒的に多く、自家用車・バス・急行妙高のいづれかで行ってた記憶です。夜行で行けば翌朝の船に流し込めるからです。
車だと当時の関越道が高崎までしか無く、その先は下道で行くしか無かったので、真夜中の碓氷バイパスを通過して直江津に向かったりもしました。夜中にも関わらず群馬県内でも渋滞してたりもしました。あまりにも渋滞がひどい時は長野県内の知人の家に泊めてもらった事もあるぐらいです。東京と違って真夜中の信州では空気が澄んでいたので、夜空の星が沢山見えたのもよく覚えてます。

急行妙高だと169系で、当然横川~軽井沢間を機関車との協調運転で通過したはずなのですが、こちらも真夜中の通過でしたので、記憶にはありません。グリーン車も2両だったか連結されており、それで直江津へ向かいました。
新幹線開業前ぐらいの佐渡汽船はこんなラインナップでした。
新潟両津航路カーフェリー:おとめ丸・こがね丸
20190419205805235.jpeg
20190419205804990.jpeg
おとめ丸とこがね丸は姉妹船扱いなので、形がほぼ同じです。写真のおとめ丸は直江津港、こがね丸は小木港で撮影したので、両者共に直江津航路に転用された後の姿です。

新潟両津航路ジェットフォイル:おけさ・みかど
20190419234902089.jpeg
20190419234903437.jpeg
ジェットフォイルは2隻だけでどちらもアメリカ・ボーイング社製の高速船でした。ジェットフォイル導入は1977年と上越新幹線開業よりも5年も前ですが、その頃から上越新幹線開業を意識した上での導入とも言われています。

寺泊赤泊航路:さど丸
2019032423082855d.jpeg

直江津小木航路:おおさど丸(初代)・みゆき丸
20190419234906b4d.jpeg
201904192349040e7.jpeg

カーフェリーは新潟・直江津航路各2隻ずつで、中間点で必ずすれ違うようになっています。やはり新潟両津航路のカーフェリーが大きめで、両者共に普通乗用車を100台は積載できる能力のある船でした。
一方の直江津小木航路は新潟航路より一回り小さいカーフェリーが使われていました。母の実家が小木から近い場所にありましたので、帰省の際は殆ど直江津小木航路経由でしたので、新潟からの新し目のカーフェリーにはよく憧れたものです。

直江津航路の船は新潟航路で使っていたお古の船を回す傾向があり、新造船は新潟航路からの導入ばかりで、直江津航路の扱いが後手になりがちでした。これは東武に例えると、本線に新車を入れて余剰になった旧型車を野田線に転属させる感覚と似ているように思えます。

我が家の佐渡帰省は夏休みだけでした。それ以外の季節だと、船の本数が少なくなったり、大雪で行くのが難しくなることからです。

裕福ではなかった我が家は、いつもカーフェリーの2等で、船室の場所取り合戦によく遭遇しました。特に車で乗船すると船室の場所取りは難しくなります。それは乗船のタイミングが車だと車両甲板に入るまでの時間を要するので、その間に車を介さずに直接船に乗船する客に席を奪われやすいのです。車両甲板は夏はかなり蒸し暑く、かなりかつかつに車を甲板に敷き詰めるので、甲板内の乗組員からの指示がタメ口だった上にかなりシビアだったような印象です。

それに車のエンジンは、乗組員からの指示があるまではかけることは許されません。それは車両甲板内で排気ガスが充満するのを避ける為です。なのでエンジンがかからないとエアコンも使えないので、夏場で車での降船待ちは蒸し風呂状態でした。

船室にスペースが無いと、外の甲板にあるベンチで2時間半の船旅になりましたが、潮風に吹かれながら海がよく見えたので、それは違った意味で良い思い出になったりもしました。

フロントに行けば先着順で毛布も無料で借りられ、タイミングが遅いと毛布が借りられなくなります。私の母は乗船してすぐにフロントに駆け込み、毛布争奪戦に参戦していたものです。

船は絨毯席が中心なので横になる人が多いです。船酔いを避ける為もあるかもしれませんが、特に佐渡の人は比較的おとなしめの人が多いようで、到着地までずっと寝ている人が多いように思えます。佐渡出身である私の母もそうでした。

佐渡航路は元々グループ客が多いのも特徴で、みんなで広い絨毯席でおつまみやお菓子などを囲みながらお酒を嗜み広々と過ごしたりと。それは鉄道旅では味わえない船旅の醍醐味とも言えるでしょう。佐渡はバイクツーリングのメッカでもあるので、よくツナギ姿でヘルメットを持ったライダーのグループ客も船内でかなり見かけました。それに引き換え、出張と思われる乗客はあまり見かけなかったような記憶です。

次回は「第3回:上越新幹線・関越自動車道開通!ジェットフォイル登場にみる佐渡への高速アクセス実現」の内容でお送りします。


スポンサーサイト

7799.佐渡汽船カーフェリーの軌跡・第1回~自動車輸送時代の幕開け!日本海初のカーフェリーさど丸登場

今回より弊ブログ初の連載記事が始まります。題して・・!
佐渡汽船カーフェリーの軌跡~さど丸からあかねまで~

この記事を書くきっかけとなったのは、やはり私の母の実家が佐渡島にあることが一番大きいです。私が小さかった頃は毎年佐渡汽船で帰省しておりましたので、気づいたら佐渡汽船カーフェリー全船舶の名前を言えるようになっておりました。しかし最近は親が高齢なのと実家側の事情の変化などもありまして、毎年の帰省では無くなってしまいました。

でも佐渡汽船への想いは今でも変わらず、SNSなどでも船の動向をチェックしていたりします。
あとは船のブログ記事を書いてる人は多分少ないでしょうから、弊ブログだけしか出せない雰囲気も出しやすいような気もしたのもありますね。
冒頭では連載と申し上げましたが、管理人の都合で曜日固定では無く不定期な連載とさせて頂く点及び資料が少ない昔の船の話につき、曖昧な内容になってしまう点はどうかご容赦くださいませ。

今回は第1回として・・
自動車輸送時代の幕開け!日本海初のカーフェリーさど丸登場
なるタイトルでお届けしたいと思います。
それでは本編はここから。
↓↓↓↓↓↓↓↓
佐渡汽船とは本州と佐渡島を結ぶ船の名前です。佐渡島での殆どの物資を佐渡汽船で運んでいるとも言われ、船が佐渡島民の生活を支えています。

佐渡汽船と聞くと多分車を搭載出来るカーフェリーや、高速で走るジェットフォイルのイメージかもしれませんが、最初からこれらの船があった訳ではありません。

佐渡汽船にカーフェリーが誕生したのは昭和42年3月。それは日本海側では最初のカーフェリーとも言われた船だったらしいです。その名もさど丸。佐渡島の名前をそのまま船の名前にしたシンプルな名前の船でした。船舶の写真は可能な範囲で管理人の手持ちの物で公開しますが、無い場合はすみませんが、佐渡汽船ときわ丸船内にあった写真パネルの画像で代用させて頂きます。

▼さど丸
2019032423082855d.jpeg

定員も速度も今の船の半分以下のスペックです。この船は確か先頭部分にハッチが無かったような記憶です。幼い頃に新潟港だったか、バックでカーフェリーに乗り込んでいく車の姿を沢山見かけたような記憶ですが、その時に見た船がさど丸だったかは記憶が定かではありません。

定員が573名とありますが、写真を見る限りでは客室がかなり限られているかのように思えます。多分2等だけのモノクラスかと?売店も船内にあったのかもわかりません。

ここでこの後の佐渡汽船記事をお読み頂くにあたって、佐渡汽船の船室の等級についての説明です。これは鉄道の寝台特急北斗星号で言うB寝台やA寝台個室ロイヤルみたいな区分と思って頂ければわかりやすいと思います。

2等絨毯席:絨毯敷きだけの船室。混雑時は横になれない。
20190326000214718.jpeg

2等椅子席:リクライニング機能無しの椅子席が並ぶ船室。無い船舶も有り。
20190326000218dcb.jpeg

特別2等絨毯席:2等の座席指定版。現在は設定無し。
1等絨毯席:枕と毛布がある船室で座席指定。
20190326000213421.jpeg

1等椅子席:新幹線グリーン車並みかそれ以上のリクライニングシートがある船室。
201903260002178ed.jpeg
20190326000215c79.jpeg



特等:ビジネスホテルのツインルーム並みの広さの個室船室。
20190326000220b9f.jpeg

スイートルーム:船体最上階にあり、船内で1室だけの設定。応接とツインベッドに専用バルコニーまである超豪華個室船室。

以上になります。さど丸が晩年を過ごした時代の寺泊赤泊航路の運賃表が確か2等だけだったような記憶です。さど丸も最初は新潟両津航路だったのかもしれませんが、如何せん古い船なので情報や資料が無さすぎて、その記録を確認できるものはありません。

あと新潟~赤泊航路もありましたが、こちらにもさど丸が使われていたのかもしれません。それは多分新潟港のカーフェリー対応の桟橋が3か所あったのを活用した形なのかもしれませんが、この航路も既に廃止になっています。赤泊だと他の佐渡汽船が発着する両津や小木からだと距離がある上、細くて勾配がある山道を長々と走らねばならないので、船で直接向かえるアドバンテージは大きかったのではないかと思われますが、仕方はありません。

さど丸は寺泊赤泊航路で平成4年で引退し、後継の三代目えっさ丸に同航路を引き継ぎました。

▼三代目えっさ丸
201903252340368a8.jpeg
この船は寺泊赤泊航路にしか使われてなかったらしく、佐渡汽船の経営悪化に伴う船舶の小型化の波で不運にも13年目で佐渡汽船を去り、鹿児島交通に引き取られて「ぶーけんびりあ」なる名前で鹿児島近辺の離島航路で再起を果たしています。しかしこちらでも出番を追われ、たった6年でインドネシアに売却された模様です。

さらに驚いたことにえっさ丸に佐渡汽船を追い出されたさど丸は、現在でもインドネシアあたりで現役で動いているような未確認情報もあるようです。私も何処かの掲示板でさど丸によく似た風貌の船の写真を見た時は鳥肌が立ちました。

これらの船が活躍していた寺泊赤泊航路は残念なことに2019年5月付けで廃止が決定してしまい、船舶だけで無く航路そのものも消滅してしまうことになります。


次回は「第2回:国鉄列車・夜行バスで行く佐渡の旅」でお送りします。

7737.平成最後のコミケに参加

平成最後の大晦日はこんな場所でした。
▼01.朝から並ぶ。

最大規模のオタクイベントですね。相変わらずの凄い行列でしたが、スタッフの方の誘導が上手いので、誰も文句を言う人は居ませんでした。
▼02.夏に続き会津鉄道も来ていた。
20190114090209d2e.jpeg
この日は学生時代の友達が行きたいと言うので、ナビしてあげました。
▼03.ポスターの種類が凄い。
20190114090208863.jpeg
東棟にあるC&Cでランチとしました。前回のC94の時に気に入りましたのでw
▼04.同行者に撮影妨害された図w
20190114090211eed.jpeg
やはり鉄道中心のラインナップになりがちですね。いくつかはフォロワーさんのサークルから購入したものもあります。
▼05.C95戦利品一覧。
20190114090216294.jpeg
東京駅行きの急行バスですね。バスだけでなく乗務員さんも応援来てそうですね。
▼06.離れた営業所からの応援もある都バス。
20190114090212e0c.jpeg
お目当ての戦利品も揃いましたし、そろそろビッグサイトを後にします。
▼07.また船で帰ろう。
20190114090214b59.jpeg
帰りの船の乗務員さんもオタクな人でした。1日目に参加したとかw
▼08.多くのオタクな人々と戦利品を載せた船。
20190114090217b21.jpeg
コミケ開催時のビッグサイトからの船らしく、船内にはアニソンが流れまくってましたね。
▼09.船内メニューも距離の割には充実。
20190114090219e69.jpeg
船だとビッグサイトから浅草まで1000円ちょいと高いけど、船はゆったりしていて景色がいいから良しとしましょう!
▼10.日の出桟橋に到着。
201901140902224fb.jpeg
東武線で帰るので、船でビッグサイトから浅草に向かいます。
▼11.別の船で浅草へ。
201901140902208cb.jpeg
写真にはありませんが、移転後の築地市場や勝鬨橋もじっくりと見られました。
▼12.ライバル会社の船とスカイツリー。
20190114090223108.jpeg
最初は浅草からスペーシアで帰ろうとしたのですが、満席で乗れませんでした。大晦日の午後の浅草発も混雑しているのにビックリ。
▼13.浅草に到着。
20190114090224846.jpeg

テーマ : コミックマーケット
ジャンル : サブカル

7634.ときわ丸は新潟港に到着

9月16日の佐渡汽船ときわ丸の旅はもうすぐ終点になります。備えつけのコーヒーと共に・・。
▼01.また下の食堂で食べ物だけ買って来たw

誰にも邪魔されない至福の空間、これが特等船室。2等船室の喧騒が嘘のようです。
▼02.備えつけの湯のみでお茶が飲めるのも特等ならでは。
20180928215225208.jpeg
いかに2等船室が混雑していたのかが伺えますw
▼03.特等船室入口前で寝てる人がw
20180928215227b2a.jpeg
楽しかった船旅も終わりが見えてきました。
▼04.新潟港に近づく。
201809282152222e0.jpeg
日本海から新潟港佐渡汽船ターミナルに着くまでは長い川の中を航行するので、運河のようでも。
▼05.信濃川に入る事も意味する。
201809282152212e4.jpeg
少し前までは北朝鮮の船も来ていましたが。
▼06.この近くにジャカルタ行きの205系があったはずだが。
20180928215224a80.jpeg
船の中にはこんなものもありました。皆さんが知ってる方言あります?
▼07.佐渡の方言集。
20180928215230651.jpeg
下船しました。ときわ丸、また乗りたいです。
▼08.新潟港佐渡汽船ターミナルに到着。
2018092821522847a.jpeg
左からおけさ丸、あかね、ときわ丸です。
▼09.今回のツアーでカーフェリー三姉妹制覇達成!
20180928215231328.jpeg
ジェットフォイル改札前にあった巨大模型です。
▼10.ジェットフォイルぎんがってこんな色あった?
201809282152337a6.jpeg
ここからはバスで新潟駅に向かいます。

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

7633.カーフェリーからジェットフォイルを見る

9月16日の佐渡汽船ときわ丸新潟行きの様子です。
▼01.姫崎灯台を通過。
20180927220151bbb.jpeg

海の特急が来ましたね。先発のカーフェリーより一時間以上早く新潟に到着するアドバンテージを誇ります。
▼03.両津からジェットフォイルが追って来た。
201809272201491c4.jpeg
こうした雰囲気も船旅ならでは。
▼04.カモメ?ウミネコ?
20180927220152aec.jpeg
私もカッパえびせん買ってくれば良かったw
▼05.餌付けしていたw
2018092722015573a.jpeg
昔はジェットフォイルが近づくと船内放送で教えてくれたんですがw
▼06.あっちは急行料金適用につき、カーフェリーを追い抜く。
201809272201551fb.jpeg
201809272201573a3.jpeg
20180927220200179.jpeg
同じ場所で3隻の船が丁度重なりました。
▼09.新潟からのすいせいとすれ違う。
2018092722015826d.jpeg
20180927220201156.jpeg
ジェットフォイルは「つばさ」ばかり撮影しているような?
▼11.こちらは両津行き。
201809272202038c4.jpeg
▼12.佐渡島がまだ見える。
201809272202054e7.jpeg
さっきのジェットフォイル「すいせい」に抜かれたカーフェリーが後から来ました。
▼13.新潟からのおけさ丸。
201809272202065ca.jpeg
20180927220207b2e.jpeg
201809272202097a1.jpeg
夕暮れの海を佐渡に向かう船、なんだか幻想的です。

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

プロフィール

diamond next

Author:diamond next
スカイツリーと乗り物が好きなアラフォーのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR