7316.非鉄な人にも好評だったスペーシアきぬがわ号

9月17日、家内と家内の友達と、前の会社の先輩とで鬼怒川へ行くことにしました。前の会社の先輩が私のInstagramで掲載したSL大樹の写真を見て、「ぜひ行きたい」との希望を受け、私が乗車ツアーをセッティングしました。
まずはSL大樹の指定券です。
▼01.ボックスにした。

東武は朝9時から買えるので便利ですね。次はスペーシアきぬがわ号の切符です。新宿出発の時点では3人なので個室にしました。実際3人グループの個室利用は多いようです。
嫁の友達は栃木県内在住につき、栃木駅からスペーシアきぬがわ号に乗車し、確保した個室に誘導します。この分の特急券は東武線内だけなので、JR側で発券した特急個室グリーン券を東武駅の窓口に提示、栃木駅から個室に一人合流が可能な特急券を発券してもらいました。
これは特殊な扱いになるらしいので、駅から本社に確認を取ったりする必要があるので、発券に20分程かかりました。こちらの事情で手間をとらせてしまい、申し訳無い事をしたような気がしましたが快く対応して下さいました。
▼02.左が栃木から合流する人向けの切符、右が新宿からの特急個室グリーン券。

いざ出発当日になりましたので、待ち合わせ場所の新宿駅に向かいます。前の会社の先輩は西武新宿線沿線在住なので、新宿発のスペーシアは大変助かると大喜びでした。
少し早めに到着しましたので、小田急ロマンスカーの出発案内を見ました。車両のビジュアルがあるので、今の東武線浅草駅の発車案内と似ているような?
▼03.関係無いが大雨でもVSE使用列車は満席。

ホームに上がります。私達が乗車するスペーシアきぬがわ号の前にはもう一本前のスペーシアきぬがわ号がありました。
▼04.一本前のスペーシアきぬがわ11号は臨時列車。

乗車電が到着しました。
▼05.これがスペーシアきぬがわ3号。

個室は同行者に好評でした。私は何度か乗ってるので、初めて乗車する同行者に窓際の席を譲りました。
▼06.新宿からは3人だから個室にした。

栗橋で乗務員交代後にデッドセクションを通過します。デッドセクションの話になり、電気が無い区間を通過する旨を同行者に話したら、大変驚いておりました。
▼07.デッドセクション通過。

これは東武の車両なので、同行者は新宿から東武の乗務員が乗務しているものと思っていたらしいです。
▼08.電気がつけば東武線に入った証拠。

東武線に入り、利根川を渡るところです。
▼09.JR対応の雅は107-1F。

ここで宇都宮からのもう一人の同行者と合流です。
▼10.栃木で交通安全マーク車。
スポンサーサイト

7315.東武ワールドスクウェア→南栗橋

9月3日の話題、最終回です。
▼01.ワールドスクウェア駅からリバティで帰る。

やはり鬼怒川線の3両は少なく感じますね。以前の快速は鬼怒川線は4両でしたので。これならワールドスクウェア駅からのリバティの指定席を確保しなくて良かったです。リバティが4:2で分割出来れば良かった?逆に東武日光行きは3両も要らないでしょw
▼02.デッキは凄い混雑。

混雑した車内で近くに居た女性が車内の到着放送を聞き、「だいやむこうって名前の駅あるんだね。凄い名前だと思わない?」「ダイヤの向こうって意味の駅名かなぁ?」
最初は「えっ?そんなに凄いかな?」と思いましたが、その女性にとっての「だいや」はダイヤモンドの事と思っていたらしいですw 初めての人が聞いた時の反応が面白かったです。
その女性は下今市から連結するリバティけごんに乗り換えて行きました。リバティ会津車両の指定が確保できなかったのかもしれませんが。鬼怒川線のリバティ会津の客の多くは下今市からのリバティけごんに乗り換えていきました。これは福島駅の山形新幹線の自由席客が東北新幹線車両に乗り移るのと似てるかも。
私はリバティから降りて、6050系の普通新栃木行きに乗り換えました。
▼03.普通に乗り換え、遅めのランチ。


やはり6050系の大きなテーブルは安定していていいですね!
▼05.大樹の余韻に酔いしれる。

新栃木に到着です。この350系は臨時特急分かな?
▼06.新栃木留置になった350系。

新栃木からの南栗橋行きも6050系でした。
▼07.南栗橋では05系そっくりな中間車が。

あれ?これは8月までじゃなかった?
▼08.9月もまだ残ったラッピング車。


この後はこのホームに来た急行中央林間行きで帰宅としました。

7306.スペーシア初の夜行列車


日光の紅葉シーズンに、臨時夜行列車「日光夜行号」を運行します!(PDF:862KB)
これってまさか尾瀬夜行も100系で置き換えフラグは考え過ぎ?新藤原以北は習熟が必要だし、そもそも100系の野岩鉄道乗り入れOK?

これでスペーシア初の新越谷停車も実現しますね。日光夜行は昔350系で運転したことがあるので、今年もそのままかと思いましたが、まさかの大抜擢となりました。これはリバティが登場してスペーシアの運用に少し余裕が出たのも?個室は解放しないようですが、列車の性質からして防犯上の理由からかな?

7296.りょうもうでない急行1800系

8月16日、東武ワールドスクウェア駅でSL大樹5号を降りた後は・・。
▼01.東武日光に到着。

やはり1800系臨時急行を選びました!
▼02.急行と特急。

わざわざSL大樹5号を途中で降りた甲斐がありました。鬼怒川温泉まで乗ってしまうと、帰り接続しないので。
▼03.赤い臨時急行で帰ろう。

これ、お盆の上り夕方の便なのですが、こんなにガラガラなんですよ。
▼04.GWのあの大群衆は何処へ?

線路容量は少ないが鬼怒川温泉始発に振り替えれば、少しは・・。
▼05.発車間際でも誰もいない。

SL大樹6号とも接続しないので、下今市出発後もガラガラなままです。
▼06.新鹿沼でオレンジと交換。

この日に貰えた記念品を車内で並べてみました。
▼07.乗車券だけでこんなことが出来るのも1800系の醍醐味。

座席を向かい合わせにして向かい側に足を投げて爆睡してたら、あっと言う間に・・。
▼08.終着駅南栗橋に到着。

GWの臨時急行も同じ1800系で運転されたのですが、その時は満員でした。それは浅草行きだったのも大きいかと。今回は途中の南栗橋止まりである事に対する抵抗感があったのかもしれませんし、相変わらずの告知の甘さで知る人ぞ知る列車になってしまっているかのような印象でした。
ガラガラなのは乗る側からしてみれば良かったですが、次回は見直しが入るかもしれません。せめてSLと接続するダイヤだったら丁度良かったのかもしれませんが。
以上で8月16日のシリーズ記事は終了となります。最後までお付き合いをありがとうございました!

7290.急行が特急に抜かれるのは当たり前だけど

8月16日、東武日光から乗車した臨時急行は新鹿沼に到着しました。
▼01.新鹿沼2番線に入線。

新鹿沼まで先に行かせて、ここで待避をかますとはねw
▼02.さっき下今市で並んだリバティに抜かれる。



今更ですが、1800系で急行なのに急行料金徴収しないのはかなり違和感がw
昔急行りょうもう号だった車両なんですよ、この子は。
▼05.レアなオレンジスペーシアと並ぶ。

私は再び下今市に戻る予定なので、ここで下車です。
▼06.南栗橋に向けて発車!


同じ場所で撮影していた皆様、お疲れ様でございました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

diamond next

Author:diamond next
スカイツリーと乗り物が好きなアラフォーのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR