FC2ブログ

7955.赤羽→大師前

10月13日、東上線からの帰りは池袋→赤羽線→赤羽の模型屋さんで買い物をした後に、国際興業バス西新井駅行きに乗車しました。

▼01.大師前駅前で下車。

どのみち本線で帰るつもりでしたから、西新井まで乗っても良かったのですが・・。
▼02.バス営業所を作っている時期なので参考に。
201910282029395d2.jpeg
▼03.バスの置き方も参考に。
20191028202940c03.jpeg
これも転用されるとしたら、どうなるんでしょうね?
▼04.スカイツリーシャトルもお休み中。
20191028202942f31.jpeg
バス営業所前に大師前駅です。
▼05.大師線で帰ろう。
2019102820294471c.jpeg
無札で改札を通過できる駅ですが、その代わり乗車券は西新井駅で購入します。
▼06.自動改札当たり前の時代でこれは凄い。
20191028202945953.jpeg
今はリバイバル車の方が本数多くなりましたよね・・。
▼07.白い8000系の方が珍しい大師線。
2019102820294720c.jpeg
スポンサーサイト



7945.美人司会者とバスまつり

9月28日のバスまつりの話題はこれで最後となります。

▼01.このお方が司会。

20191007230007d96.jpeg
制服が似合っています。
▼03.着ぐるみとのコラボは諦めw
20191007230009ca0.jpeg
去年の東武ファンフェスタ号でお会いできたんですよね。
▼04.制服がよく似合う。
20191007230010322.jpeg
カメラ目線頂きましたw
▼05.こっちに気づいたか?
20191007230012836.jpeg
会場からの臨時バスで会場を後にします。
▼06.バハマ船籍の船らしい。
2019100723001364b.jpeg
晴海の客船ターミナルは廃止が決定したようなので、特徴ある建物も解体でしょうか?
▼07.手前の帆船は日本丸。
20191007230015d5c.jpeg
バスまつりでの戦利品の一つです。これを活用したモジュールの製作に入りました。
▼08.建物コレクションの事業者限定は珍しい。
20191007230016978.jpeg

7944.バスまつり限定臨時バスを見る

9月28日のバスまつりの話題は続きます。
▼01.大ヒット中の映画のラッピングバス。

20191004220943968.jpeg
20191004210122eda.jpeg
流石バスのイベントだけあって、会場内にもバス乗り場があるので、撤収が楽でした。
▼03.勝どき駅行きの臨時バス乗り場。
20191004210122cd5.jpeg
▼04.変わったバスしか居ない。
20191004210128766.jpeg
続々とイベント参加客を乗せてバスが到着します。
▼05.イベント日限定の系統らしい。
201910042101239ec.jpeg
このタイプのバス、東京駅~東京ビッグサイト線を皮切りに運用入りした模様です。
▼06.これが令和の都バスか!
20191004210125e58.jpeg
水素バス、今は何台居るんでしょうね?
▼07.イベント時らしく、新車が多めだった。
2019100421012644d.jpeg
201910042101298c7.jpeg

7943.バスまつりに初参加

9月28日に開催されたバスまつり2019に参加してまいりました。場所は豊洲市場の真ん前で、以前晴海で開催していたイベントがここに移動したらしいです。

▼01.8台のバスが展示。

都営バス主催らしいので・・。
▼02.都営バスは3台。
20191002083534fa6.jpeg
20191002083542da5.jpeg
2019100208353546b.jpeg
これは驚きました。てっきり引退したかと思ってましたが、まさか豊洲で見るとは。
▼05.関東バスはまさかの3扉車。
2019100208353618f.jpeg
2019100208353765b.jpeg
関東バス以外は今時のバスって感じですかね・・。
▼07.国際興業バス。
2019100208353967e.jpeg
私は物販の列に並びましたが、撮影の列もあり、そちらは9時台に入場できてバスの撮影会に参加できたらしいです。撮影と迷いましたが、訳あって物販の方にしました。その理由は後日の記事にて。
▼08.西武バス。
201910020835405e1.jpeg
東急バスではグッズを購入しました。ここに来ているバス会社はみんなグッズを持ち寄っていました。
▼09.東急バス。
201910020835442e2.jpeg
車内は全てのバスで解放してましたが、撮影タイムの時間がわからなかったですね・・。
▼10.小田急シティバス。
20191002083545f0e.jpeg

7827.船モードになったバス

4月13日の水陸両用バスの旅は続きます。

▼01.さらに奥地を目指す。

このエリア、一般車両は進入出来ないらしいので、ドライブついでに水陸両用バスが着水する瞬間を撮影することは出来ないみたいです。
▼02.滑り台のような道が。
20190428161022841.jpeg
緊張してきましたね。
▼03.この先でダム湖にダイブする。
20190428161023c6c.jpeg
ガイドさんのカウントダウンにより、バスは遂にダム湖に着水しました!
▼04.ダイブした瞬間!
2019042816102650a.jpeg
着水時は全く水しぶきがかかりませんでした。
▼05.本当に水上を走るバスになった。
20190428161028066.jpeg
道路を走っていた時とはエンジンの音が変わっています。
▼06.橋の下をくぐるバス。
20190428161029106.jpeg
非日常的な光景です。
▼07.ダム湖から見た湯西川ダム。
2019042816103036b.jpeg
紅葉が見頃の時期はキャンセル待ちまで出るとか!
▼08.紅葉の時期に来たら凄そうな景色。
20190428161032c71.jpeg
水陸両用バスの運転士は船長と呼ばれ、バスと船舶用と2つの免許を所持していないと、水陸両用バスの運転が任せられない話を聞きました。
▼09.ここで折り返す。
20190428161034152.jpeg
船で航行している時のタイヤは、水中でクルクル回っているだけらしいです。
▼10.再び橋をくぐる。
20190428161035f76.jpeg
水から陸に上がる時の衝撃はありませんでした。
▼11.間も無くダム湖から上がる。
20190428161037158.jpeg
再びバスモードになり、道の駅湯西川に戻りました。
▼12.会津鬼怒川線を走る6050系と。
20190428161038f25.jpeg
1時間半程のツアーとなりました。1人3000円とお高めですが、一度は乗ってみる価値はあると思います。

テーマ : バス関連 その1
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

diamond next

Author:diamond next
スカイツリーと乗り物が好きなアラフィフに片足突っ込んだオッサンのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR